ライザップゴルフレッスン

ダウンスイングでの体の開きを修正

毎日すごく暑いですが、ライザップゴルフのブースはすごい涼しい!

すごい快適~っと思っていたのですが、
レッスンの時間になり、コーチが来ていきなり言ったのは
「冷房が効きすぎていて、体がおかしくなりそう」
という事でした。

そうですね~(汗)
私はレッスンの時間だけですが、
1日中、この冷房の効いた涼しいところにいるのはちょっと大変かも!
って思いました。

実は前にライザップゴルフブランドLEXIM(レクシム)のゴルフクラブを注文していました。

そのクラブが出来上がったという事でコーチが持ってきてくれました。

(なんとオーダーです!)

私はアプローチにはずっとピッチングを使っていたのですが、
今回購入したのはアプローチウェッジとサンドウェッジです。

早速、この2本を使ってアプローチの練習をしました。

ライザップゴルフ レッスン

なんか、ボールが当たった時の音が全然違うのに驚き!





コーチも
「僕にもちょっと打たせてください」

と言って打ってました(笑)

(今日のコーチ、テンションが異常に高いんですけど、暑さのせい?いやクーラーの効きすぎで、ちょっとおかしくなってる???笑)

アプローチの練習をしたら、
このまま、アプローチウェッジとサンドウェッジを使ってフルスイングの練習。

いままで使っていたピッチングとは、
やはり打った感じ、出る距離が全然違うのですね。

次回、ラウンドに行く時までに、この距離感の感覚を覚えたいです。

いままで使っていたピッチングでは、
アプローチの時に、どうしても球が転がってしまい、距離が出過ぎてしまう傾向にあったのですが、
このアプローチウェッジだと、球がしっかり止まってくれる感じです。

新しいクラブを使ってしばらく練習した後は、
ここ最近ずっと修正しているダウンスイングでの体の開きを
今日も指摘されました。

ん~~~~。
なかなかなおらないのです、、、、、(汗)

意識はしているのですが、
私の場合、どうしてもダウンスイングで体は開いてしまう傾向にあります。





今日は体の開きを修正するために
まず、左手でクラブを持ち、そのまま真っ直ぐ手を前に伸ばし、クラブを立てます。

その状態で右手1本でクラブを振ります。
左手でクラブを立てて押さえているので、左に体が開けない状態になるのです。

この状態で、しばらく繰り返し、スイング。


右手だけでクラブを振るのって重いなーーー。

でもしばらくこれで打つように言われたので頑張って打ちます。

その後、両手を使って普通にスイング。

左に体が開けない大勢でずっとスイングしていたので
その感覚で打ってみました。

「すごい上手いじゃないですか!」

コーチはすぐにべた褒めしてくれますが、
いつもすごくオーバーリアクションなので、
あまり喜ばなくなった私です(笑)

それでも悪い点はしっかり指摘され、、、、

「もっと勢いよく打ってください」

「フィニッシュまでしっかり!」

「もっと左肩を入れて!」

「もっとアウトサイドインで打ってくださいよ!」

次から次へと注意されます(汗)

そしてダウンスイングで体が開いてしまうクセは今、一番の課題です。

シミュレーションでラウンド

レッスンの最後では

コーチが
「今日はコース周ってみますか?」

ということでコーチと交互に3ホール周ってみる事になりました。





相変わらず、ラウンドとなると
力みすぎてダウンスイングで体が起き上がってしまいました。

(いけない、いけない、)

それでもいままでと比べるとだいぶ、スコアもよくなりました。

そしてレッスン終了。

引き続き、ブースを予約してあるので、このまま練習をしました。

LEXIM(レクシム)のゴルフクラブ

購入したLEXIM(レクシム)アプローチウェッジとサンドウェッジをそのままライザップゴルフ飯田橋店に
預かってもらっていたので、近くに行った際に取りに行きました。

ちょっと夜遅かったのですが、
担当トレーナーがセッション中だったので、
待っている間、ブースで練習させてもらいました。

実は夜のライザップゴルフは初めてです。

しっかり練習までして、その後担当トレーナーから
預かってもらっていたクラブを受け取りました。

実際にラウンドで使うのが楽しみ!

トレーナーがおまけにミネラルウォーターとマーカーをくれました笑

LEXIM(レクシム)